体型別 パンツの選び方 大人の動ける機能的美脚パンツ

ジェーンスタイルは
スポーツメーカーSSK(エスエスケイ)が
2007 年より展開しているレディースブランドです。
スポーツの機能性と心地よい着心地、
大人の女性が美しく見えるシルエットで
スポーツに、カジュアルに、お仕事にと
女性の毎日に寄り添うボトムスを展開しています。

\ こんな方におすすめ /

  • スポーツや普段に履ける万能パンツを探している。
  • 楽な履き心地がよい。
  • 体型に自信がない。
  • 自分に合うサイズがない。
  • 美脚、スタイルアップを目指したい。

すべてのパンツを見る

ジェーンスタイルのボトムスは

point 1ストレスフリー

スポーツの動きを考えたパターン設計と動きを妨げないストレッチ素材、肌ざわりのよい素材を厳選。心地よい着心地のボトムスを展開しています。

point 2美しく魅せる

女性の身体は年齢を重ねるごとに変化していきます。そんな体型の変化をカバーし、大人の女性をより美しく魅せるシルエットを採用しています。ラクな着心地なのに、すっきり美しく見えるボトムスです。

point 3オン・オフに使える

スポーツはもちろん、普段着やお仕事着など、どんなシーンにもマッチするシンプルで洗練されたデザインのボトムスを提案しています。

point 4オリジナルなサイズ設定を採用

ぴったりのアイテムを提案したいから、スタンダードサイズと独自設計サイズの2シリーズでボトムスを展開しています。

ベーシックなサイズ設定
Standard Sizeシリーズ
ヒップやウエストがゆったりな
オリジナルパターン設計サイズ
Mrs.Sizeシリーズ

すべてのパンツを見る

あなたにピッタリのボトムスを選ぼう!あなたに合うボトムスは?素材、キーワード、お悩み、体型別など、ぴったりの1本を見つけましょう。

体型診断簡単チャート

簡単チャートで自分の体型を診断。スタイルアップできるボトムスは?ジェーンスタイルがおすすめします!

ボトムスサイズの選び方、自分のサイズを知ろう!まずは自分自身のサイズを確認。自分の正しいサイズがわかれば、パンツ選びも簡単になります。

手持ちのボトムスからサイズを知ろう!

手持ちのピッタリボトムスのサイズを測って、自分のサイズを割り出そう。

パンツの前と後ろを合わせた状態で床に置いて測ります。

ウエスト周り(ウエスト幅×2)
パンツの前と後ろを合わせた状態で床に置きます。
水平に長さを測り2倍にします。
ヒップ周り(ヒップ幅×2)
内股の合わせ目から上がった一番太いところ確認。
水平に長さを測り、2倍にします。
わたり幅
内股の合わせ目よりも数センチ下を目安に、パンツの端から端までの長さを 水平に測ります。
股下丈
内股の合わせ目から縫い目にそって裾先までを測ります。
裾幅
すそ幅はパンツの裾の端から端までの長さを測ります。

自分自身の身体を測ってみよう!

股下の測り方
股下に、準備した本などを挟み、股間に触れるあたりまで本を引き上げます。背筋を伸ばして壁に垂直になるように本を押し当て本の上側の位置にしるしをつけます。床面からそのしるしの位置までの長さを測ります。
ヒップの測り方
水平にヒップラインの頂点を一周させて周囲を測ります。※後ろお尻のヒップポイントを基軸として測ります。
ウエストの測り方
おなかの一番くびれているところにメジャーを当て、水平に一周させ、周囲を測ります。※採寸の際は息を吐き、腕を下ろした状態でお測り下さい。
太もも(わたり幅)の測り方
足の付け根から約3センチくらい下を水平に測ります。メジャーをしっかり当ててから緩める感じで測ります。※左右両方測っていただき、太い方を基本にしてください。

ボトムス セルフ サイズチェック

サイズがわかったら、次は着用、正しく穿いてしわやたるみをチェックしましょう。

チェック 1
正しい位置で穿いているか?
ウエストの位置を確認。
ウエストがゆるすぎないかをチェック。
ひっぱりあげすぎて股部分、脚の付け根に余計なたるみやしわがないかをチェック!
チェック 2
太ももをチェック
太もも部分がきつすぎないか?サイドのポケットが開いていないかをチェックしましょう。

チェック 3
ふくらはぎをチェック
ふくらはぎのラインが目立っていないか?凹凸が出すぎていないかをチェック。
チェック 4
後ろ姿をチェック
きつくておしり部分がひきつれていないか?下着ラインが目立っていないか、逆にゆるくてたるみがでていないか?をチェック。

スタイルアップの秘訣は?パンツのお悩みQ&A

おしりが大きくてパンツが似合いません。
おしりが大きく見えるのはサイズに余裕がないからかも。ワンサイズ上のサイズを試すのも一つです。大きめサイズを選ぶのは少々抵抗がありますが、サイズタグは誰にも見えません。いつも穿くサイズと1サイズ上のパンツを着比べて、見た目の印象を重視しましょう。
垂れヒップが悩みで、後ろ姿に自信がありません。
どっしりとした扁平なおしりは女性がカバーしたいパーツの一つ。年齢とともにヒップトップが下がってくることも。そんなときはポケット位置が高いものやパッチポケット(貼りポケット)タイプのものを選んだり、ハリ感のある素材でおしりの形をカモフラージュするのがおすすめです。
太ももが太くてパンツがパツパツに。
太ももが太いと悩んでいる人はおしりから太もも周りはゆったりしていて裾に向かって細くなっているシルエットを選ぶのがポイント。程よいゆとりがキーワードです。足首が見える丈を選べば細見え効果も!
足が短いので、パンツが似合いません。
脚長見せを狙うなら、ウエストの位置が上にあるアイテムがおすすめ。ハイウエストのボトムは、ウエストがその位置にあるかのような視覚効果が得られるので、脚長に見えるメリットがあります。
がっちりしたふくらはぎが強そうに見えてしまいます。
ワイドパンツや太めのパンツでふくらはぎが隠れるシルエットのものを。隠すところは隠して、足首など、細い部分を出すとスッキリ見えも。脚ラインを馴染ませて目立たないようにするの◎

すべてのパンツを見る

ページトップへ