365日、天候に左右されないレインウェア



近年日本では、ゲリラ豪雨(局地的な大雨)や連続する台風の発生もあり、日ごろからの雨対策は傘だけでは足りないと感じる人も多いのではないでしょうか。

アウトドアのレインウェア

アウトドアフィールドの天気は変わりやすいこともあり、長時間の雨の中、さらにその後晴れた場合も想定して全天候において、いかに快適に着用できるかが考えられています。アウトドアのレインウェアに求められることは、水が浸入しにくいデザインや生地の耐久性、持ち運びやすさなどの利便性もそうですが、欠かせない重要な機能としては大きく4つあげられます。

4つのマスト機能

✓防水性
雨や水が生地の内側へ浸入するのを防ぐ機能
撥水性
特殊加工を生地表面に施すことで水を弾く機能
透湿性
衣服内に発生した汗や水蒸気を外へ放出する機能
防風性
風を中へ通さずブロックする機能
 

「水を防ぐのにムレは外に出す」「ムレは外に出すけど風はブロック」。相反する現象がアウトドアのレインウェアでは1着のなかで実現されています。快適とは言い難いレインウェア(水がジワジワと浸入したり、生地がベッタリ肌に張り付いたり)の経験がある人は、上記4つの機能を備えたものを身につけると、その着心地の良さに驚くかもしれません。

防水透湿素材 ベンチュリ®

ショッフェルでは、ドイツで創業200年以上の歴史で得た経験や技術をもとに独自開発した防水透湿素材「ベンチュリ®」を採用しています。
 
雨の水滴よりはるかに小さい穴の開いた極薄のフィルム「ベンチュリ®フィルム」を挟むことで、雨水や風は通さず、湿気は逃すという性能を両立させています。

最大の特徴は、そのソフトな着心地です。生地自体に独特のしなやかさを持たせたことにより、着用時のパリパリ感が少なく、軽やかに着ることができます。フィールド向けシェルの他、かすり調でナチュラルな風合いのモデルもあり、日常使いにもオススメです。




トレッキング・ハイキングはもちろん、野外フェスやキャンプ・グランピング、また通勤着などのタウンユースにも、ぜひショッフェルの「365日、天候に左右されないレインウェア」をお試し下さい。

ショッフェルのレインウェアはこちらから