春の紫外線 UV対策は万全ですか?ジェーンスタイルで簡単UVケアを始めよう!

春の紫外線に要注意!春のUVケアが美白のカギです!

紫外線は夏のものと考えていませんか?夏はしっかりUV対策しているものの、今の時期はどうですか?まだ暑くないから大丈夫・・・との気持ちでいると、5月頃には1番紫外線が強い時期に入り、つい日焼けをしてしまいます。
シワやシミの原因となったりするのも春の紫外線対策をしていないことが多いよう。シミの原因となるUV-A波の紫外線は春になると、冬の時期の3倍にもなります。今からUV対策を!

紫外線って?



紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。
地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達します。UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。波長が短いのがUVB。屋外での日焼けの主な原因となり、たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

紫外線Q&A

Q:紫外線の強い時間は?

A:紫外線量は、朝7時ごろから徐々に増えはじめ、朝9時には急増。正午前後にピークを迎えた後は、だんだんと量は減っていきますが、夕方になってもゼロにはならず、午後の遅い時間まで残っています。

 

Q:お天気で紫外線量はかわる?

A:曇りや雨だからといって油断は禁物。曇りの日では晴れた日の約65%、雨の日でも晴れた日の約20%の紫外線が地表に届いています。降り注ぐだけでなく壁や地表に当たって反射するため、反射する紫外線にも注意が必要です。

Q:室内でも日焼けはする?

A:家の中など屋内でも日焼けはします。屋外で直射日光が当たる場所の紫外線量を100とすると、室内の日の当たる窓辺は約80。日の当たらない場所でも空気中で反射や散乱をして約10の紫外線が入り込む。紫外線は、窓ガラスやカーテンをすり抜けてしまいます。例えば、朝の通勤やランチでの外出、べランダで洗濯物を干すといった、ほんの少し外に出るだけでも、きちんと日焼け止めを塗らないと肌へのダメージがだんだん蓄積されて、気づいた時にはシワやたるみが深くなっていた・・・・なんてことになりかねません。でも毎日日焼け止めを塗る、2、3時間おきに塗りなおすなんて・・・・だから、ジェーンスタイルの着るだけでUVウエアが効果的です!
 

 

 
 
また、水陸両用だからラッシュガードとしても使用可能!耐塩素素材で色落ちにも強いので安心です。
真夏でも暑くなりにくい素材や接触冷感素材を使用。今年はジェーンスタイルのUVアイテムで日焼け対策は万全です!

ジェーンスタイルはUVアイテムが豊富!

ジェーンスタイルはUVアイテムが豊富!速乾、冷感、消臭などの+機能のアイテムがたくさん。あなたが欲しいアイテムがきっと見つかります。ぜひ、チェックしてみて下さい!

 

 

 

ジェーンスタイルUVウエアはこちら>>